Q.01
スポーツクラブって、何?

回答 「会員制の健康・体力づくり施設」と言えます。そこでは安全に、効果的に筋力をつけることができるトレーニングマシンを備えたジムや、集団でエクササイズをするスタジオ、泳いだり、歩いたり、踊ったりできるプールなどがあって、みなさんの健康・体力づくりをインストラクター他のスタッフがサポートしてくれます。もちろん、いつでも行きたい時に行って、自由にフィットネスすることもできます。“フィットネス(Fitness)”の意味は、(日常的な運動などにより)心身を健康で快適な状態にすること。文字通り、環境に完全にフィット(適合)した良い状態にすることです。でもそれだけではなく、スポーツクラブには、すごくいろいろな「楽しみ」があるんですよ。仲間ができたらおしゃべりするのも楽しいし、何かのスポーツサークルに入ってみんなで一緒に大会に出たり、イベントで盛り上がったり。それからクラブによっては先ほどのジム・スタジオ・プールといった運動施設だけでなく、お風呂やマッサージといったからだを休める(リラックスする)施設やリコンディショニングのためのサービスも用意しているところがありますよ。いいでしょう。是非一度行ってみてください。

Q.02
スポーツクラブ、スポーツクラブ、アスレティッククラブ、ヘルスクラブって、各々どこがどう違うの?

回答 日本ではみな同じです。マスコミでは「スポーツジム」とも言います。

Q.03
スポーツクラブって、通うのに曜日や時間、回数が決まっているんでしょ?

回答 一般的に会員種別毎に利用できる曜日、時間は決まっていますが、その範囲内であれば、何回行っても大丈夫ですよ。「週1回、毎週火曜日、3:00pm~4: 00pm」というように予め指定された日時に通うのは、昔のスクール。今はそのスクールでさえ、いつでも利用オーケーというクラブが多くなってきています。

Q.04
スポーツクラブって、1回利用する毎にお金がかかるの?

回答 ほとんどのクラブがかかりません。一般的に多く見られる形は入会時に入会金他を払い、後は月会費だけで利用するものです。※タオルやウェアを借りるのでしたら1点あたり200~300円くらいかかります。

Q.05
どういうクラブに通うのがいいと思う?

回答 「スポーツクラブの賢い選び方」をご参考ください。

Q.06
うちの近くに「○○○」っていうクラブがあるんだけど、そのクラブなんて、通うのにどうかな?

回答 「GYMCO」なら全国のクラブを検索できますので、概要を調べてみてください。料金表などの詳細情報をオープンにしてくれているところや、クラブ独自の HPへ直接リンクできるアドレスを掲載してくれているところもありますから参考にしてください。また、もしかしたら、そのクラブの会員さんの利用・体験談が記されているかもしれないので、そちらもチェックしてみてください。まだ概要が記されていないクラブでしたらGYMCOにお問合せいただければ、そのクラブのことについて、少しお話しできるかもしれません。

Q.07
初めてスポーツクラブに入会しようと思っているんです。何かちょっぴり不安なんですけど、大丈夫ですか?

回答 ほとんどクラブが一般の方向けですので安心してご利用頂けます。クラブの使い方については、入会後にオリエンテーションやカウンセリングがあって、その中で目的や目標を伝えれば、それを達成するための最善の方法(プログラム)を教えてくれるはずです。 1人で入会してもぜんぜん平気ですよ。今は、いろんなグループエクササイズやサークル、イベントもありますし。むしろいい出逢いのチャンスがあっていいと思いますよ。実際1人で入会している人が多いですし、みんなそれなりに楽しんでいますよ。類似の他業界でよく聞かれるお金の問題他のトラブルなんていうのも、あまり聞きませんので、大丈夫ですよ。

Q.08
でも、もし万一お金とかでトラブったら、どうしたらいいんですか?

回答 スポーツクラブの中には、自主的にクーリングオフを設定しているクラブもあります(現在、スポーツクラブには法的なクーリングオフは適用されていません)。万一の時は、各地方公共団体の消費生活センター、(財)日本消費者協会または国民生活センター(03 -3446-0999)に連絡するといいでしょう。保証金・入会金が高額なクラブ(日本に数軒しかありません)は注意した方がいいと思います。歴史があるクラブか、経営主体がしっかりしていないと、最近は急に大衆志向のクラブに方向転換したり、閉鎖したりすることがありますから。

Q.09
スポーツクラブって、本当に痩せられるんですか?私、エステティックサロンの方が、楽に痩せられるような気がするんですけど。

回答 痩せるための基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすること。エステもスポーツクラブも、この基本は変わりません。違いは、エステでは、食事日記などを付けて、カロリーの摂取量を抑えることでそれを実現しようとしますが、スポーツクラブでは、主に運動量(消費カロリー)を増やすことでこれを実現しようとしています。さらにエステとフィットネスで共通することとして、基礎代謝(座っていても寝ていても、基本的に身体が消費するカロリー)の高い身体をつくろうとすることがありますが、エステでは、外から刺激を加える機械や特別な食品、飲み物などでそれを実現しようとしますが、スポーツクラブでは自発的に身体を動かして筋肉の量(筋肉の構成比)を増やしたり、ストレスを発散して心のバランスをとることをサポートすることでそれを実現しようとしています。「本当に痩せたい」と思ったとき、エステもスポーツクラブも利用しなければ効果が期待できないわけですが、エステは利用に比例してお金がかかるけど、スポーツクラブなら、何回利用しても会費はかわらないので、利用するほどお得ですよね。それに安全に効果も高められるという違いもありますね。(このあたりは京都大学森谷助教授『人は必ず太るしかし必ずやせられる』講談社1,470円を読むとよくわかります。)キムタクが言うように「あなたは今年見違えるほど美しくなる」。でも、エステでもスポーツクラブでも少しの努力が必要なのは同じようです。

Q.10
スポーツクラブって、キツくない?

回答 『巨人の星』で、飛雄馬がやっていたような激しいトレーニングはやっていません。「体育会」的な雰囲気もありませんよ。ほとんどのクラブが運動初心者の方や高齢の方を意識してサービス内容を見直してきていますので、ご安心ください。ビギナー向けの短時間で簡単なグループエクササイズがたくさん用意されてきていますし。リラックスできるサービスも充実してきているし、それにインストラクターに相談すれば、ピッタリのプログラムを紹介してもくれます。そういうプログラムから少しずつ無理をしないでやっていったらいいと思います。

Q.11
スポーツクラブって、飽きちゃわない?

回答 フィットネスを続けることは、いかに日常的な行為・習慣にしていくかが大切です。歯磨きのように「健康を維持するため」のことを「いつもの習慣」に考え方を変えられるかが重要です。「健康のありがたみは病気になって初めて分かる」といいますが、歯を磨くのに「健康になるぞ!」と高い意識をいつも持っているわけではないですよね。インストラクターやトレーナーの方に相談しながら、無理なく少しずつ自分の習慣できれば、後は「歯磨き」と一緒です。

Q.12
わたし用のプログラムって作って貰えるのかしら?

回答 もちろん!入会のときに、作ってくれるところと、基本メニュー(ベーシックプログラム)に少し慣れてから、作ってくれるところがあります。その他、ダイエットの特別プログラムなどは、食事指導とセットになった効果の高いものを有料で出してくれるところもありますよ。

Q.13
運動って本当に身体にいいの?時間、もったいなくない?他にもっと楽しいことあるのになんでわざわざ苦しいことしなくちゃいけないの?

回答運動の「良い」「悪い」は個々のケースによるので、問題はいかに「運動を楽しむ」かというところにあるかと思います。無理な運動をしても「楽しくない」。運動で体を壊しても「楽しくない」。そういった運動の「楽しくない」を減らして、運動の「楽しい」に集中するために、専門的名アドバイスをしてくれる人材はとても重要ですよね。スポーツクラブに在籍するインストラクター・トレーナーは正に運動のエキスパート!スポーツクラブでは運動の「楽しい」がきっと見つかりますよ。

Q.14
スポーツクラブって、レオタードとか着なくちゃいけないんでしょう?私、恥ずかしくてヤダー!

回答 何を着るかは自由ですよ。最近は初めてクラブに入会する人や高齢者も多いのでTシャツに、ハーフパンツという人が多いようです。もし、時間があるようでしたら、「見学させてくださーい」とクラブに言って、会員さんが身につけてるものを実際にチェックしてみるのもいいと思います。

Q.15
男もレオタード着る、って聞いたけど。

回答 一部、エアロビクスフリークの男性でレオタードを着ている人もいます。ですが、みんなが着ているわけではありません。Tシャツに短パン、っていうのが男性のスタンダードです。

Q.16
靴とかウェアとかって、どこで買えばいいの?

回答 スポーツクラブに行ってみると、入り口付近に「プロショップ」があるところが多く見られます。そこにはフィットネスするのに適したシューズやウェア、水着などが揃えてあります。入会するときに割引チケットをくれるところもあります。どれが一番いいかはクラブでみんなの格好を実際に見てみたり、新入会員様用の『利用ガイド』やプロショップのP.O.P.などを参考に選ぶといいですよ。クラブの人もきっと相談にのってくれますよ。

Q.17
最近、水中を歩くのが身体にいいって聞いたけど、ほんとにプールを歩いてる人なんているの?興味があるけど、水着なんて何年も着ていないし・・・。

回答 心配ありません。プールは今、歩く人でいっぱいです。多くの場合、プールの1コースは歩く専用コースになっていて、とても多くの人が歩いていますよ。最近プールではアクアエクササイズという泳げなくても運動が楽しめるプログラムもあって、水着を着るのに抵抗を感じられる方のためにズボンのように腿のまん中くらいまで隠せる水着や、脱ぎ着がしやすいように身体の前面にチャックがついた水着、あまり身体にピッタリし過ぎない大きめの水着なども開発されています。是非、近くのクラブのプールを覗いてみてください。

Q.18
「エアロ」って、まだ流行ってるの?あれ、おもしろい?

回答 現在も多くのクラブで実施されています。クラブによっては半分以上が男性、それも30歳以上の人がほとんど、ってことも見られますよ。「一回やったら、ハマっちゃった」という声も多く聞きます。

Q.19
ねぇ、スポーツクラブってどういう人が通っているの?

回答 クラブによって傾向は異なりますが、一般的に老若男女いろいろな方がフィットネスを楽しまれています。目的別にいうと、健康維持、体力増進、気分転換、シェイプアップを目指している人たちが多いですね。

Q.20
スポーツクラブって(会費が)高くない?

回答 一般的には、月8,000~9,000円くらいが多く見られます。週2回通うとして、月に8~9回行けますよね。すると、1回あたりは1,000円以下!中には1日に2~3回、月に50~60回行く人もいるくらいなんですよ。こうなるともう1回200円以下!これじゃあクラブの方が損しちゃいますけどね。そうそう、最近はデート代もバカにならないので、2人で一緒にスポーツクラブに入会してフィットネスデートっていうのはいかがですか??入会金や保証金が何百万円とか、何十万円もするクラブは全国に数軒しかないですよ。

Q.21
スポーツクラブに通うくらいだったら、外を走ればいいって思わない?そしたらタダだよ。

回答 確かにそう考えてそうしている人もいると思います。でもクラブに通うことにもメリットとして雨や雪の日や、暑い日でもへっちゃら。設備が整っていて効果的かつ快適。インストラクターがいて安全。仲間と一緒だから楽しくトレーニングできる、などが挙げられます。

Q.22
会員の人たちって、1回行くと、どれくらい運動してるのかな?

回答 クラブに到着してから一通り運動してゆっくりお風呂につかって、ラウンジで少しゆっくりしたとして全部で時間にして2~3時間。している運動はマチマチですが、ジム、スタジオ、プールの順で利用が多いです。特に最近は1番にジム、そしてスタジオの利用が上がっています。

Q.23
スポーツクラブって、がちゃがちゃしてるし、汚なそうっていうイメージがありますが。

回答 以前はそのようなクラブも多々見られたと聞いていますが、現在は多くのクラブで「クレンリネス」というものに注意を払っています。なかにはロッカールームにずっとクリーンスタッフがいるクラブもあるくらいです。それから、きれいなクラブというのは会員さんのモラルが高いクラブとも言えると思います。利用されるみなさん1人ひとりがクラブのことを自分の家のように大切に思って使えば当然きれいなままの状態のクラブのはずですから。見学の際にそのようなところを注意深く観察して、判断の材料にしても良いかもしれませんね。

Q.24
沢山のクラブがあって、どこが自分にあっているのかわからない。

回答 「GYMCO」で詳細検索でお好みの条件を絞っていって、いくつかのクラブを比較してください。ライフスタイルに合わせて、“駐車場”や“託児室”などお好みの条件をチェックしてください。でも、まだ情報未入力のクラブが多いエリアもありますから、そういうときにはGYMCO宛にお問い合わせください。

Q.25
早朝、もしくは深夜営業しているクラブはありますか?

回答 「GYMCO」の詳細検索でお好みの営業時間をチェックしてみてください。朝は早いところで7時から、深夜は遅いところで朝方3時まで営業しているクラブがあります。でも、深夜のトレーニングはあまりお勧めできません。生理的には身体にあまり良くないからです。中には、運動してお風呂入って一杯飲めば、ぐっすり眠れて次の日快調!という人もいますけど。

Q.26
自分のやりたいプログラムでクラブを比較検討したい

回答 「GYMCO」の詳細検索でお好みのプログラムをチェックしてみてください。※クラブスタッフの方には、「GYMCO」で自社クラブに自慢のグループエクササイズの追加をお勧めします。

Q.27
某クラブの元会員です。今度は混雑していない、ゆったりしたクラブに入りたいと思っているのですが。

回答「GYMCO」でチェックして、いくつかのクラブに見学に行くか、GYMCO宛てお問い合わせください。ただ、「混雑している」は見方を変えれば「人気がある」ということと言えます。見学の際に優先順位と必須項目を作って、幅広い選択肢の中から検討してみるのもいいかと思います。

Q.28
せっかく好みのインストラクターができたのに、どちらかの店に移ってしまわれるようです。「こういうことはよくある」と聞きましたが、実際そうなんでしょうか?

回答 多くのクラブで、3ヶ月ごとにグループエクササイズのスケジュールを調整しています。以前は実験的にクラスが変更されることも多くありましたが、最近は多くのメンバーさんに支持されているクラスは変更しないようにするクラブが増えてきています。スケジュールを作っているクラブの担当者の人も、会員の皆さんがクラスのスケジュールに時間を合わせて来てくださっていることを知っていますから。でもあまりインストラクターがくるくる変わる場合は、そのクラブに何か問題があるのかも。実際、クラブによっては10年以上かわらずにあるクラスもありますから。

Q.29
インストラクターって、こっちが何も言わないと何も教えてくれないのですか?

回答 最近ジムのインストラクターが、ジムの一角にあるスペースなどで、 20~30分で気軽に参加できるグループエクササイズをしています場合があります。そういうインストラクターは、フィットネスに関する知識も豊富で、会員の皆さんと話をすることが好きだったり、会員の皆さんを楽しませる術もたくさん身につけているので、きっといろいろ教えてくれるはずです。

Q.30
スポーツクラブって本当に安全なんですか?

回答 スポーツクラブはどこも安全性に関して非常に気をつかっています。運動前にコンディションをチェックしたり、各所にスタッフを置いたり、安全性に配慮した施設づくりや表示をしたりして万全を期しています。緊急の事態が起きたときの対処についても万全を期しています。ほとんどのスタッフにCPRや心臓マッサージなどの救命救急法を取得させたり(もちろんその技術を定期的に確認したり)、指定の病院に至急に連絡がとれるようにしています。ですがもし不安な時は、直接クラブに確認されることをお勧めします。クラブによっては、入会時に診断書などの提示を求めて運動をすることが危険だと思われる方には入会をお断りしている場合もあるのが実情です。より安全な環境を必要とされる方には、最近増えてきている病院付帯の運動施設を選ばれることをお勧めします。